<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< High&Lowバッグinバッグ | main | パン教室-4回目 >>
iphoneポーチの作り方



iphoneポーチを作りました!カバンの中のポケットで鍵と一緒になるのと傷
が付きそうだし、画面に物や手が勝手に触れてアプリ削除とかも怖いし〜(>_<)




以前に、とりあえず〜とハギレで作っていたもの↑がありましたが、少し汚れて
来たし、もうちょっと可愛らしくバージョンアップさせたいなぁなんて思って作り
直しました(^_^)b




外は先日upした、リバティのRossellie。中はC&Sさんのリネンにピンドット。
もう一つはBetsyかな?(~_~;)
どちらにもリネンにピンドットがぴったりでした♪
キルト芯を入れてふっくらさせてあります(^_-)-☆




上から見るとこんな感じ。ブカブカしないように、ぴったり目に作ってあります。
でも、出し入れは片手で出来るほどのゆとりがあります。
入れ口から1.5cm~2cm位下がったところに本体が来ます。
バッグに引っ掛けたりできるように、ナスカンを使って革の持ち手を付けました。




先日ゲットしたラベンハムのムック本のおまけバッグにぴったりなんです。
ここに引っ掛けてバッグのポケットに入れてもよし(^_^)bだし、バッグの中側
に回してもよし(^_^)bとっても合う〜(*^^*)
もう一つは、あります。iphoneを使っているお友達にプレゼントしました。

せっかくなので、簡単ですが作り方をご紹介したいしたいと思います。
続きをどうぞ〜♪

私が使っているiphoneは4Gタイプのものです。それに、ぴったりとした感じ
のシリコンのケースを付けています。その状態でこのポーチに入れて使って
います。大きさ等はご自分の携帯に合わせてみてください。

まず、生地は裏も表もキルト芯も細長い方を縦にして、縦32cm、横10cm
にカットします。
次に、表布にタグや、レースや、スタンプを押したりとデコレーション。
タグは私は下過ぎちゃったので、上から5cmくらいのところに付けるといいか
もしれません。

生地の細長い方を半分の長さに折って底の輪になった部分に印をつけます。
マチ針でもいいし、爪で折り跡を付けてもOKです。



ここを中心にして写真のように7mm幅くらいのジャバラになるように折ります。
ここがマチになります。この状態で、畳んだまま表布の両脇を7mmくらいの
縫い代で縫います。裏布も片方だけ同じく7mm位の縫い代で縫います。



片方はこのように、上から5cm縫って、下から5cm縫って真ん中あたりを開
けておきます。底の部分は畳んだ状態で縫いますよ〜。

後で、縫わなかった部分から2枚の布を合体させてひっくり返す場所にします。
縫い終わったら表布も裏布も縫い代を割ってきれいに開いておきます。




表布の方に、紐でも共布でも革でもこのようにナスカンとつなげられるDカン
を通して、上から5mmくらいのところに仮止めミシンをしておきます。両脇の
縫い目の真ん中に来るように2か所縫いとめます。




裏布だけ表側にひっくり返して、表布の中に入れていきます。写真のように定規
を入れて整えるときれいに収まってくれますよ〜!




きれいに収まったところで、しつけをして2枚の布をくっつけておきます。




内側の方にミシンを掛けていくと縫いやすいです。端から1cmのところをミシン
で縫っていきます。縫い終わったら、しつけの糸はほどいてしまってください。




縫わなかった裏布の返し口のところからひっくり返して行きます。
一度ひっくり返して、縫い損じたところはないか?etcチェックしてから裏布の
返し口の穴を閉じます。手縫いできれいに閉じてもOKですし、こんな感じで
ミシンで縫ってしまっても大丈夫です。

また、定規を使って表にひっくり返してから両方の布をきれいになじませて、
アイロン掛けて出来上がり〜♪

私は持ち手はこちらのセットを利用して楽しちゃいました(^_-)-☆
手芸ナカムラさんの「皮ミニ持ち手
Dカンまでセットになっているのですぐ使えますよ〜♪


もし、この作り方が参考になってやってみたい!とか、作りました!と言う方が
いらっしゃいましたら、下の「拍手」タグを押していただけると嬉しいです。
拍手コメント、ブログのコメント欄にコメントいただけたりすると更に更に嬉しい
です(*^^*)
web拍手 by FC2
COMMENT